リプロスキンを使って肌が悪化してしまったら…

リプロスキンといえばニキビやニキビの後のケアに効果的な導入型柔軟化粧水として人気ですが、口コミではリプロスキンを使って「ニキビが悪化した」などという人が見られるのも事実です。
ただ、口コミでニキビが悪化したという人に多く見られる共通点が敏感肌の人なので、少しの刺激で肌が敏感に反応してしまう人の中にリプロスキンが肌に合わない人が多いという事かもしれません。
また、症状が悪化したように感じるのは好転反応という体が順応するまでの一時的な反応を指す現象により、体から老廃物の排出が促された結果の可能性もあるので、使い続けてうちに徐々に症状がおさまってくるようであれば好転反応によるものかもしれません。
しかし、肌に明らかな異常が現れた場合はリプロスキンの使用は控えた方が良いですし、違うスキンケア用品に切り替えたり皮膚科を受診するという事も考えておいた方が良いと言えます。
他にも、口コミではニキビの後に対する効果が実感できなかったり、ニキビの後が悪化したという人に共通して多いのが混合肌体質の人です。
混合肌の場合は場所によって普通・乾燥・脂性で違うため、季節の変わり目などは特にケアが難しいと言われていますから、リプロスキンの有無に変わらず臨機応変なスキンケアが必要になってくるので、リプロスキンだけに頼ったケアがそういった肌の状態を招いた原因の一つとも言えます。
ですから、リプロスキンで症状が悪化した人の中でも混合肌の人は生活習慣や洗顔方法なども見つめ直す必要があるでしょうし、肌タイプの違いが出やすいTゾーンやUゾーンに対する細やかなケアも必要と言えます。